医者と看護師

ボトックスはどんなもの?

顔にメスを入れる事なくエラ削りを行う事が出来るボトックス注射は、副作用などのリスクが少ない事が注目点となります。では、なぜそんなにもリスクが少ないのかを知るためには、ボトックスがどういったものかを知る必要があります。

詳しく見る

注射器

ボトックス注射での失敗例

ボトックス注射でたまに発生する副作用がどういった症状を引き起こすのかを知っておかないともしもの際に対処する事ができません。きちんと知識として理解する事で、万が一術後に異変が出たとしても迅速に対応する事で大きなリスクを回避する事ができます。

詳しく見る

顔に触れる女性

どれくらいで失敗がわかる

どれだけボトックス注射での副作用に注意しても、万が一という事は有り得ます。ではそうなった場合どれくらいで気付く事ができるのかという点が疑問になります。副作用が目に見えてわかる期間などをここではまとめていきます。

詳しく見る

女性

ボトックスは顔だけ?

筋肉を麻痺させる効果があるボトックス注射ですが、その効果はけして顔だけではありません。体の筋肉に効果があるため、事故などによる後遺症などで筋肉が麻痺した人達の治療にも使われています。そのため、副作用のない薬剤として研究されていたのです。

詳しく見る

医者と看護師

失敗を避ける為の病院選び

ボトックス注射を受けるに当たって副作用に関する知識を持っていてもやはりせっかく施術を受けるなら失敗がないようにしたいと考えます。では、失敗を少なくする為に行われるのが病院選びです。病院選びのポイントを知る事で安心できる施術を受けましょう。

詳しく見る

人気に隠れるリスクを知る

医者と看護師

小顔になりたいと考えている人達の中でも人気が高い施術があります。その名も「ボトックス注射」で、エラ削りと呼ばれる小顔整形をメスを入れる事なく、注射による薬剤投与で簡単に行う事ができるのです。決められた箇所に決められた量の薬剤を投与するだけの施術になるので、入院の必要もなく日帰りで行う事ができるのも魅力の1つとなっています。そんな人気度の高い施術方法は、リスクが少ないという点でも注目度を集めています。今までは骨格やエラを直接削る事で小顔にしていましたが、施術を行う医師の技術次第では納得のできないものになる恐れもありました。しかし、ボトックス注射は現在技術の3D映像を使用する事で投与前と後の顔を見比べながらどの部分に注射するかを確認する事ができます。その事から失敗するリスクも格段と低くなったとされますが、ここで勘違いしては行けないのが、薬剤を投与しているため100%副作用が無くなったわけではないという点です。どれだけ慎重に計画して、細かな微調整を行ってもその日の体調やその人の体質、また医師の技術歴など様々な点で失敗が生まれてしまう恐れがあります。そういった点もある事をきちんと理解した上で、カウンセリングなどで自分が感じている疑問質問などを医師に伝え、きちんとコミュニケーションを取る事が失敗するリスクを下げる秘訣になります。また、カウンセリング予約を取る前に施術を依頼する院の先生がどれくらい施術を行っているのか、これまでの成功例失敗例を取り上げているかなどを公式ホームページや口コミ評判から調べておく事も重要なポイントになります。