ボトックス注射での失敗例

注射器

リスクが少ないと言われているボトックス注射ですが、やはり副作用による失敗例は存在しています。ここではその失敗例を挙げた上で、どのように対策すればいいのかという点をまとめていきます。まずはボトックス注射の薬剤量が少ない場合だと、筋肉が中途半端な形で麻痺してしまいます。効果を薄めているわけではなく、量が少ないだけとなる場合は不自然な笑顔の状態で顔が固まる可能性もあり、その状態が半年ほど続きます。そのため、ボトックス注射では投与される薬剤の量がとても重要になります。逆に量が多すぎてしまうと必要以上に筋肉が麻痺してしまいダルンとたれてしまう事があります。そうなるとまるでブルドッグのように頬の肉が垂れ下がってしまう事になります。これらは筋肉に薬剤を投与してしまった後になるため、どうしても元の状態に戻す事は難しくなります。しかし、院・クリニックでは万が一を想定して修復ケアと呼ばれる復元作業が行われます。完全に元の状態に戻すのではなく、元の状態に近づけていく作業になりますが、医師の技術が高ければ違和感が少ない顔立ちを作り上げる事ができます。次に多い失敗例が体質が合わないというものです。医師の技術も高く、投与する薬剤の量も完璧であったとしても投与される相手の体質によっては歯医者で麻酔を打ったように感覚が鈍くなっていたり、腫れ上がるなどの症状が出る事があります。また、チクチクとした痛みをともうなうという事例もあるようですので、本番の施術を行う前に事前に医師と相談して試してみるのもいいかもしれません。また、中には薬剤の効果を過剰に受ける体質の人もいるようですので、そういった場合も通常よりも少ない量から調整する形で施術を受ける事で失敗するリスクを下げる事が出来ます。ボトックス注射は失敗するリスクが少ない分、失敗してしまった際の影響も大きくなります。そのため、万が一にも失敗しないように医師とのカウンセリングはもちろんですが、施術の際の自分自身の体調などもきちんと管理する必要があります。もしも施術を行う際に体調が悪いなと感じるようであれば医師に相談して先延ばしにしてもらうなどの対策も考えましょう。